検索エンジン/リンクからいらした方へ
探し物が見つからないときは、ページ右のサイドバーにある「検索」ボックスをご利用ください。
最新の情報を見たい方は「最新の日記」をクリックすると、最新の更新日まで日記が移動します。
コメント・足跡・ネタ投稿 歓迎
現在、どなたでも日記にコメントを書くことが出来ます。
日付毎に「コメントを書く」が用意されていますので、書いてもらうと私が嬉しいです(笑
コメントの内容によって、私の判断で削除する場合もあります。
はてな関連リンク
はてな障害情報
2003年10月24日~2004年2月28日 約14500カウント(だったはず^^;)
2004年2月29日~

タスケテー

最新の日記情報はこちらへ

Xiaomi Mi 6X(A2) を使って IMEI を書き換える方法


【注意事項】
この記事は執筆時点での情報です。常に情報が変わるため
ここに記載している情報は通用しない可能性があります。
そのため、最新の情報を参照するようにしてください。
また、本操作を実行することにより発生した問題は一切、関知しません。
自己責任で実行するようお願いします。



■前記事
myu10.hatenadiary.jp


前回の記事で、fourgsmartphoneで使用する自分のID・パスワードとIMEIが準備済みです。
次に、Xiaomi Mi 6X(A2) を使用した IMEI 書き換えをメモ書きしておく。
バージョン等は以下の通り。操作は機種毎に読み替えてください。

Xiaomi Mi 6X(A2) MIKU / wayne
MIUI xiaomi.eu版 10.0.2.0 (Stable)
パッチレベル 2018/08/01
Anti Roll Back対策済み


■進む前に確認をすること
Xiaomi に限らず、他のSIMフリースマホでも同じことが言えると思うが
以下の事項が完了している状態であること。ここでは解説しません。


ブートローダがアンロックされている状態であること
・root を取得済みであること
・TWRP / Magisk が導入済みであること
・ADB の実行環境があること
SIMフリースマホ機のIMEI番号を控える


■バックアップを取る
万が一、動作しない状態になった時に戻せるよう
バックアップは取得しておきましょう。とても大事です。


・TWRP でバックアップ(EFS領域)
 ※TWRPでブートして「バックアップ」を選択すればあります


・QPST でバックアップ
 ※バックアップを実行したQPSTバージョンでリストアも実行するように
 ※QPSTについては後述


■事前に用意するソフトウエア
Qualcomm Product Support Tool(QPST) Ver2.7 Build 474
Qualcomm SoCのバックアップ・リストアで使用します。
 記載のバージョンである必要はないと思います。多分。
 ここではリンクは記載しません。


・IMEI Converter
※取得した IMEI番号 をバイナリ値に変換するツールです
 ここではリンクは記載しません。


バイナリエディタツール
※バイナリが編集できれば、どのツールでもいいです。
 ここでは「Stirling」を使用します。


■QPSTを使用してバックアップ(qcnファイル)を取得する
1. ADBコマンドを使用して「DIAGモード」にする
 携帯をパソコンに接続したら、以下のコマンドを実行する

C:\>adb shell
wayne:/ $ su
wayne:/ # setprop sys.usb.config diag,ad



2. QPST Configration を起動してバックアップを取得する
http://www.isonly.net/~myu_10/etc/qpst-001.png
起動したら、自分の携帯が見えているはずです。
[Start Client] => [Software Download」を起動します。


http://www.isonly.net/~myu_10/etc/qpst-002.png
[Backup]タブを選択して、[Browse...]を選択します。


http://www.isonly.net/~myu_10/etc/qpst-003.png
[ファイルの種類] を [QPST NV Memory File (.qcn)] を選択して、ファイル名を付けて [保存]


http://www.isonly.net/~myu_10/etc/qpst-004.png
[Start]ボタンを押して、[Memory Backup Completed] と表示されたら完了です


3. IMEI Converter を使ってバイナリ値を取得する
http://www.isonly.net/~myu_10/etc/imei-001.png
 ※SIMフリースマホ 及び ソフトバンク携帯両方変換しておくこと
 ※SIMフリースマホにSIMが2つ刺さる場合、ソフトバンクUSIMを差すスロットで変換


4. バイナリエディタを使って、SIMフリースマホの IMEI を検索して
 ソフトバンク機の IMEI へ書き換えをして「別名」で保存する
http://www.isonly.net/~myu_10/etc/imei-002.png
 ※オリジナルのファイルは大切に保管してください


5. SIMフリースマホで削除すべき領域を確認する
 「fsg」「modemst1」「modemst2」の領域がどこにあるか調べる

C:\>adb shell
wayne:/ $ su
wayne:/ # ls -al /dev/block/platform/soc/c0c4000.sdhci/by-name
lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-04-14 18:17 fsg -> /dev/block/mmcblk0p45
lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-04-14 18:17 modemst1 -> /dev/block/mmcblk0p46
lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-04-14 18:17 modemst2 -> /dev/block/mmcblk0p47

※20行ぐらい出力されますが、上記の項目を探してください
※/dev/block/platform/soc/ の後ろの部分は機種により異なります。
 ディレクトリを御自身で確認してください


ここでは、消すべき領域は以下だとわかりました。
※正確には0でデータを埋める
「/dev/block/mmcblk0p45」
「/dev/block/mmcblk0p46」
「/dev/block/mmcblk0p47」


6. TWRP ブートして「ターミナル」を呼び出し、データを消去する
 最新のMIUIではセキュリティが向上しており、そのまま消去しても
 再起動するとロールバックして元に戻ってしまいます。
 そのためTWRPで保護が効かない状態で、以下のコマンドを実行します。

# dd if=/dev/zero of=/dev/block/mmcblk0p45
# dd if=/dev/zero of=/dev/block/mmcblk0p46
# dd if=/dev/zero of=/dev/block/mmcblk0p47

 完了したら「再起動」します


7. QPST Configration を起動して、書き換えをしたqcnでリカバリする

C:\>adb shell
wayne:/ $ su
wayne:/ # setprop sys.usb.config diag,ad

これを実行後、QPST Configrationを起動する。
※Bannerが「ROW」じゃないことを確認する。


あとは、「Software Download」から「リカバリ」を選択して
書き換えた qcnファイル を読み込ませる。
「Start」を押したら書き換えが開始される。
終わったら端末を再起動する。
※おまじない的に再起動を2回ぐらいしておくと吉


8. 電話アプリで「*#06#」を入力して IMEI が変わったか確認する


■アクセスポイント(APN)を手動で定義する
 以下のページを参考に設定した
 この設定で問題なくアクセスができている


SoftBank 4Gケータイ/スマホのAPN設定(暇つぶし日記 Rev.3さん)
https://blogs.yahoo.co.jp/hanpen85xx_kira85ffg/33280490.html

名前:好きなもので(私はSoftBank 4Gケータイとしてます)
APN:fourgsmartphone


ユーザー名:SbmApnGetterの ID 欄に表示されているもの。
パスワード:SbmApnGetterの Pass 欄に表示されているもの。


MMSC:http://mms/
MMSプロキシ:andmms.softbank.ne.jp
MMSポート:8080


認証タイプ:PAPまたはCHAP
APNタイプ:default,mms,supl,hipri

※IDやパスワードが長いので間違えないように注意して入力しましょう
LTEが動作しない場合は、真っ先にここを疑ってください
LTEリンクが立つまで10分ぐらいかかることがあります
 これは誤った認証情報で LTE へ何度かリトライしてると
 サーバ側から「Reject」されてしまうようで、時間を待つ必要があるためです


■動作確認
携帯の右上の状態を確認してもわかりますが
ちゃんと確認はしておきましょう。


1. 「モバイルネットワーク」から明示的に「Softbank 4G」を選択する
http://www.isonly.net/~myu_10/etc/Screenshot_2019-02-02-19-48-39-624_com.android.phone.png
 ※ほかの機種で表示がされるかわからないです
 ※「ネットワークに登録されました」と表示されたらOK
 ※この画面では、まだ「3G接続」のままになっている


2. Androidアプリ「Network Signal Guru」をインストールして確認する


[Result] の表示が [Success] と表示されている。
接続バンドもとりあえず見ておこう。


3. 電話アプリから「*#*#4636#*#*」を入力して VoLTE の接続状態を確認する


「音声ネットワークの種類」「Data Network Type」が「LTE」となっている。
詳細から「IMS Startus」で「Voice over LTE」が「Available」と表示される。


 ※Xiaome では メーカーが確認したサポート地域以外では無効になるよう設定されている
  そのため、「*#*#86583#*#*」で利用キャリアチェックを無効にしてください


  Xiaomi MIUI ROMでVolteが有効にならない場合の対処方法(ガジェットファン)
  https://gadget.hrksv.com/2018/03/16/post-14098




そんな感じで、自力でどうにかするのはとても大変です。
色々と調べるので、自然と詳しくはなるのでいいことではあるんですが(笑
ちなみに、「Docomo系プラスバンド対応」なんかもあったりします。
ソフトバンク系であれば、元々 Band1/3/8 対応なのでやらなくてよいです。


Xiaomi Mi 6Xのプラスエリア化(ガジェットファンさん)
https://gadget.hrksv.com/2018/07/13/post-16002


http://www.isonly.net/~myu_10/etc/Screenshot_2019-02-02-20-07-28-523_lockscreen.png


www.hummingbird.style

ガラホ携帯「DIGNO ケータイ2(701KC)」に SbmApnGetter をインストールする


【注意事項】
この記事は執筆時点での情報です。常に情報が変わるため
ここに記載している情報は通用しない可能性があります。
そのため、最新の情報を参照するようにしてください。
また、本操作を実行することにより発生した問題は一切、関知しません。
自己責任で実行するようお願いします。



ソフトバンクは、Android 4G(LTE)を使用する際、契約した携帯電話番号固有の
「国際移動体装置識別番号(IMEI)」を使用してアクセスポイント(APN)の制限を
行い、契約した携帯電話機以外からのアクセスを遮断する処置をとっています。
ソフトバンクiPhone系では、これらの制限は無いらしいですが
 私は契約を持ってないので不明です


よく検索などで「APN一覧」などがあります。
ソフトバンクでは「plus.4g」とか「jpspir」とかの名前でありますが
今は「fourgsmartphone」というAPN名となっています。
ここで使用されるユーザ名・パスワードは、IMEI や SIM番号 を
使用したユーザ固有のものになっており、以前のように共通の
ユーザ名・パスワードでは認証も行うことができません。


もし、「手持ちのSIMフリースマホ」を「ソフトバンクの契約」で使用したい場合
次の壁を突破する必要があります。


■簡単な方法
ソフトバンクショップへ行って「SIMフリースマホ用」の SIM へ交換する
 ※利用する端末のIMEIを登録するため、ショップへ自分の端末を持ち込む必要がある
 ※SIMフリー用 の SIM が大きい店舗(銀座や六本木)でないと取り扱いがない
  (取り寄せは時間がかかる)
 ※契約上、適用されてた割引が除外される場合がある
 ※USIM交換手数料が3,000円かかる


■手間がかかる方法
・「SbmApnGetter」などを使用して、fourgsmartphoneで使っている
 自分のID・パスワードが取得可能なこと
・手持ちの SIMフリースマホ に対して「IMEIの書き換え」が行えること


「手間のかかる方法」についてはかなりの難易度になるため、多少、お金がかかっても
簡単な方法で実施することをお勧めします。




今回は、ガラホ携帯である「DIGNO ケータイ2(701KC)」を使って「SbmApnGetter」を
インストールする方法をメモしておこう。



ガラケースマートフォンは、USBやSDカードなどでインストールパッケージを
インストールすることができません。
また、このガラホ携帯では「Buletoothでのファイル転送」を使った
インストールも使えなくなっています。
でも、ガラケー型とはいえ、OS自体は Android 5 を使用しているので開発ツールを使えばいけます。
その為、「ADB install」コマンドを使用したAPKパッケージインストールが有効です。


■「DIGNO ケータイ2」にソフトウエア(APK)をインストールする方法


1. 自分のパソコンに Android Debug Bridge(ADB) 実行環境を用意する


 Android Tips:最も簡単なADB環境の作り方(カスタム研究所さん)
 https://clab.tokyo/archives/3557


2. 開発者向けオプションを有効にする
 [設定] => [端末情報] => [ビルド番号] を連打する
 [設定] => [その他の設定] => [開発者向けオプション] => [USBデバッグ] を有効にする


3. 提供元不明のアプリを有効にする
 [設定] => [ロック・セキュリティ] => [セキュリティ] => [提供元不明のアプリ] を有効にする


4. SbmApnGetter をダウンロードする


 SbmApnGetter(LittleAppsさん)
 http://littleapps.hateblo.jp/entry/2014/01/26/234149


5. 「DIGNO ケータイ2」をパソコンに繋いで、携帯に出た USBデバッグ のポップアップを「許可」にする


6. SbmApnGetter.apk を C:\ に入れて、コマンドプロンプトから以下のコマンドを実行する

 C:\>adb install c:\SbmApnGetter.apk
 3036 KB/s (271080 bytes in 0.087s)
  pkg: /data/local/tmp/SbmApnGetter.apk
 Success



7. 「DIGNO ケータイ2」のキーパッド「Ⅲ」を押して、リストから「SbmApnGetter」を選択する


8. 「DIGNO ケータイ2」のキーパッド「Ⅲ」を押して画面に出ている「Generate !」を押す


  「ID」「パスワード」「IMEI」の項目をメモする
http://www.isonly.net/~myu_10/etc/IMG_20190202_040249.jpg


これで、必要最小限の情報は入手できたと思います。
次の記事では、「Xiaomi Mi 6X(A2)」を使った IMEI の書き換えをやってみたいと思います。


■次記事
myu10.hatenadiary.jp

海外音楽ゲーム&レアゲーム専門ゲームセンター「WGC -World Game Circus-」が 2019/02/01 に 立川 へ移転

 ■前記事

myu10.hatenadiary.jp

 

 

海外音楽ゲーム&レアゲーム専門ゲームセンター「WGC -World Game Circus-」が

駒込での営業を 2018/08/31(金) に一時閉店していたが、クラウドファンディング

「WGCの新店舗をもっとおもしろくしたい」と支援活動もあり、移転して新規

開店するんだろうなと思っていました。私も1口ですが、カンパしました(笑

 

camp-fire.jp

 

 そんな WGC ですが、ついに立川にて移転開店する告知が発表されました。

 要約すると以下のような感じです。

 

【移転開店日】

2019年2月1日(金) 10:00 オープン

【新住所】

東京都立川市羽衣町2-4-13

【営業時間】

2月1日~2月11日までは 10:00 ~ 24:00

2月12日以降は 未定

【ホームページ(変更なし)】

http://wgc.me/

 

wgc.me

 

場所をみると、「西国立駅」が近いみたい。

立川駅からだとちょっと歩くかな?でも、15分ぐらいっぽいですね。

航空写真とかで見てみると、前の店舗はパチンコ屋ですかね。

そうなると、従来のギュウギュウ店舗から相当、広い店舗になるのかな。

 

また、今回の発表では、WGC と一緒にビデオゲーム系専門のゲームセンター

「ゲームセンターWILL」さんと同じ店舗で運営されることが驚きだった。

格闘ゲームが専門のゲームセンターのようですね。 

これは、立川オスロー第5店(ゲームコーナーが18/08/31廃止)で店員をやっていた方が

「立川でビデオゲームが遊べるゲームセンターを開きたい」という思いから

クラウドファンディングにより実現している。

 

 

音ゲーと格ゲーではジャンルが全然違うので、このチャレンジは

WGCでは今までにない感じになりそうですね。

広い店舗だからか、設置予定のゲーム筐体ラインナップも広がっています。

 

■踏みゲー
「StepManiaX」1台
「PUMP IT UP」2台
「IN THE GROOVE 2」2台
Dance Dance Revolution X3 vs 2ndMIX」1台
 
【全6台】
 
音ゲー
「BEATCRAFT CYCLON」1台
DJMAX TECHNIKA 3」1台
DJMAX TECHNIKA 2」1台
「ReRave Plus Arcade」1台
「Sabin Sound Star(3S)」1台
「EZ2AC : TIME TRAVELER」1台
「beatstage II 7th style」1台
beatmania IIDX 12 HAPPY SKY」1台
beatmania IIDX 19 Lincle」1台
pop’n music 11」1台
pop’n music アニメロ2号」1台
GuitarFreaks 5thMIX」1台
Drummania 4thMIX」1台
KEYBOARDMANIA 3rdMIX」1台
 ※GuitarFreaks/Drummania/KEYBOARDMANIA
  セッションプレイ(マルチセッションGDK)可能
beatmania III THE FINAL」2台
EZ2DJ Mini BONUS EDITION Revision A」1台
「(Hand)PUMP IT UP NX Absolute」1台
 
【全18台】
 
ビデオゲーム
テトリス ザ・グランドマスター3 -Terror Instinct- (TGM3)」1台
ケツイ 絆地獄たち」1台
サイヴァリア リビジョン」1台
「Rock’n3(ロックントレッド3)」1台
「Global Arcade Classic」1台
 
【全4台】
 
※稼働バージョンは不定期に変更予定

wgc.me

 

 

ギタドラキーボードのマルチセッションも熱い。

旧WGC駒込店では考えられないほどの物量になっています。

これに店舗的に合体したゲームセンターWILLさんの

格ゲーラインナップが入るわけですから、なかなかな規模ですね。

ちなみに、あちらのほうもラインナップが出ています。

 

 

現在お店にあるコンパネは
・シングル(1L6B)14枚
・ダブル(2L6B)6枚
となっており、シングルコンパネによる対戦台は7セットご用意できます。
営業開始後はイベントであったりお客様のご要望であったりでラインナップを変えて稼働させていきますが、営業開始日に対戦台で稼働することのできるゲームは以下の通りです。
STREET FIGHTER III 3rd STRIKE
ヴァンパイアセイヴァー
ハイパーストリートファイターII
ポケットファイター
MELTY BLOOD Actress Again Current Code
・エヌアイン完全世界
北斗の拳
GUILTY GEAR XX #RELOAD(青リロ)
CAPCOM VS. SNK 2 MILLIONAIRE FIGHTING 2001
ぷよぷよ
・MVS(4スロット)※ソフトは前回の報告に記載してあります

配線や筐体の相性の問題で入れ替え可能なものとできないものがありますが、基本的には「やってる人がいなければ」別のゲームと交換可能としたいと思います。
またシングル台は初日6台の稼働を考えています。
パカパカパッション(1,2,SP)
テトリス ジ・アブソリュート ザ・グランドマスター2 PLUS
・上海2
以上3タイトルは確定で稼働させます。
残り3台は現在検討中です。

camp-fire.jp

 

店舗がとても気になりますねぇ~

2/2(土)には2店舗合同で、開店記念抽選会が行われるとのことだ。

移転開店日に行ってみるので、また来店レポートします。

DJMAX TECHNIKA カードとか 3Sカードとか、忘れないようにしないと・・・ 

 

 

2018年ゆく年くる年&ホームページ移転のお知らせ

2018年もあとわずかですが、2018年もありがとうございました。
平成という年号も来年5月で終わりですし、消費税も来年10月で10%になるということで
また景気が冷え冷えになっちゃって、悲しい年になりそうですね。


また、ホームページの更新が少なくて申し訳ないです。
こちらも「はてなダイアリー」の運営自体が来年春に終了するということで
後継となる「はてなブログ」へ移行することにしました。
データ自体は移行され、旧ページからは自動リンクが張られるそうです。


■旧ホームページ
http://d.hatena.ne.jp/myu10/
     ↓
■新ホームページ
http://myu10.hatenadiary.jp/


新しいブログでもよろしくお願いいたします。
それでは皆さん、よいお年を(*^▽^*)

海外音楽ゲーム&レアゲーム専門ゲームセンター「WGC -World Game Circus-」 2018/08/31 駒込店 営業終了



■前記事
海外音楽ゲーム&レアゲーム専門ゲームセンター「WGC -World Game Circus-」 2014/11/24 約4年6か月ぶりに 駒込で再開店 初日レポート
http://d.hatena.ne.jp/myu10/20141124#1416822832






海外音楽ゲーム&レアゲーム専門ゲームセンター「WGC -World Game Circus-」が開店したのが
2014/11/24(月/祝) だったわけですが、2018/08/31(金) に閉店することになった、とのことで
営業最終日に遊びに行ってきました。






最終日ということもあって、大変な混雑具合でした。
30〜40人くらいは人がいる感じでした。
遠くからも来ている方もいましたね。






店長から閉店最後のご挨拶
「次回の店舗は、快適な環境になるよう頑張ります」(最終日は人が凄い中、室内が灼熱でやばかった)
「4年間、ありがとうございました」


前回の大山店から駒込店開店まで4年かかっていたが、今回はクラウドファンディング「CAMPFIRE」で
筐体費用のカンパをやっており、どこかの場所で再開店するのは間違いないようだ。
私もカンパしちゃいました(笑


WGCの新店舗をもっとおもしろくしたい (CAMPFIRE)
https://camp-fire.jp/projects/view/75969


そんなわけで、とても貴重な海外のゲームやレアなゲームを取り扱っている WGC が閉店してしまって
大変、寂しい感じですが再開店されることを楽しみにしています。
場所、遠い場所じゃないといいな・・・・






■次記事
myu10.hatenadiary.jp

Windows 10 Fall Creators Update (RS3/1709) に搭載されているストアアプリをISOイメージから削除する

Windows 10 になってからメジャーアップデート間隔が2〜3年だったのが1年に2回になっているのが・・・
もう面倒くさすぎて本当にやめてほしいんですが・・・


Windows 10 Fall Creators Update で ISOインストールイメージ に標準で搭載されている
Windowsストアアプリをやっつけたいので、抽出リストを参考にまでに載せておきます。


収録されているWindowsストアを確認するコマンドは以下の通り。
Dism /Image:[install.wimの展開したフォルダ] /Get-ProvisionedAppxPackages

# Windowsストアアプリをインストールイメージから一括排除するコマンド(PowerShell)
#
# Microsoft:Microsoft.BingWeather
Dism /Image:[install.wimの展開したフォルダ] /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:Microsoft.BingWeather_4.21.2492.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
# Microsoft:Microsoft.DesktopAppInstaller
Dism /Image:[install.wimの展開したフォルダ] /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:Microsoft.DesktopAppInstaller_1.8.4001.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
# Microsoft:Microsoft.GetHelp
Dism /Image:[install.wimの展開したフォルダ] /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:Microsoft.GetHelp_10.1706.1811.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
# Microsoft:Microsoft.Getstarted
Dism /Image:[install.wimの展開したフォルダ] /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:Microsoft.Getstarted_5.11.1641.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
# Microsoft:Microsoft.Messaging
Dism /Image:[install.wimの展開したフォルダ] /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:Microsoft.Messaging_2017.815.2052.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
# Microsoft:Microsoft.Microsoft3DViewer
Dism /Image:[install.wimの展開したフォルダ] /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:Microsoft.Microsoft3DViewer_1.1707.26019.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
# Microsoft:Microsoft.MicrosoftOfficeHub
Dism /Image:[install.wimの展開したフォルダ] /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:Microsoft.MicrosoftOfficeHub_2017.715.118.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
# Microsoft:Microsoft.MicrosoftSolitaireCollection
Dism /Image:[install.wimの展開したフォルダ] /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:Microsoft.MicrosoftSolitaireCollection_3.17.8162.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
# Microsoft:Microsoft.MicrosoftStickyNotes
Dism /Image:[install.wimの展開したフォルダ] /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:Microsoft.MicrosoftStickyNotes_1.8.2.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
# Microsoft:Microsoft.MSPaint
Dism /Image:[install.wimの展開したフォルダ] /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:Microsoft.MSPaint_2.1709.4027.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
# Microsoft:Microsoft.Office.OneNote
Dism /Image:[install.wimの展開したフォルダ] /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:Microsoft.Office.OneNote_2015.8366.57611.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
# Microsoft:Microsoft.OneConnect
Dism /Image:[install.wimの展開したフォルダ] /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:Microsoft.OneConnect_3.1708.2224.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
# Microsoft:Microsoft.People
Dism /Image:[install.wimの展開したフォルダ] /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:Microsoft.People_2017.823.2207.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
# Microsoft:Microsoft.Print3D
Dism /Image:[install.wimの展開したフォルダ] /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:Microsoft.Print3D_1.0.2422.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
# Microsoft:Microsoft.SkypeApp
Dism /Image:[install.wimの展開したフォルダ] /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:Microsoft.SkypeApp_11.18.596.0_neutral_~_kzf8qxf38zg5c
# Microsoft:Microsoft.StorePurchaseApp
Dism /Image:[install.wimの展開したフォルダ] /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:Microsoft.StorePurchaseApp_11706.1707.7104.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
# Microsoft:Microsoft.Wallet
Dism /Image:[install.wimの展開したフォルダ] /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:Microsoft.Wallet_1.0.16328.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
# Microsoft:Microsoft.Windows.Photos
Dism /Image:[install.wimの展開したフォルダ] /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:Microsoft.Windows.Photos_2017.37071.16410.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
# Microsoft:Microsoft.WindowsAlarms
Dism /Image:[install.wimの展開したフォルダ] /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:Microsoft.WindowsAlarms_2017.828.2050.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
# Microsoft:Microsoft.WindowsCalculator
# 旧電卓は削除されてしまったため、これを入れないと電卓が使えない
Dism /Image:[install.wimの展開したフォルダ] /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:Microsoft.WindowsCalculator_2017.828.2012.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
# Microsoft:Microsoft.WindowsCamera
Dism /Image:[install.wimの展開したフォルダ] /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:Microsoft.WindowsCamera_2017.727.20.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
# Microsoft:microsoft.windowscommunicationsapps
Dism /Image:[install.wimの展開したフォルダ] /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:microsoft.windowscommunicationsapps_2015.8241.41275.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
# Microsoft:Microsoft.WindowsFeedbackHub
Dism /Image:[install.wimの展開したフォルダ] /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:Microsoft.WindowsFeedbackHub_1.1705.2121.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
# Microsoft:Microsoft.WindowsMaps
Dism /Image:[install.wimの展開したフォルダ] /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:Microsoft.WindowsMaps_2017.814.2249.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
# Microsoft:Microsoft.WindowsSoundRecorder
Dism /Image:[install.wimの展開したフォルダ] /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:Microsoft.WindowsSoundRecorder_2017.605.2103.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
# Microsoft:Microsoft.WindowsStore
# Storeアプリを使う可能性がある場合は無効にすること
Dism /Image:[install.wimの展開したフォルダ] /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:Microsoft.WindowsStore_11706.1002.94.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
# Microsoft:Microsoft.Xbox.TCUI
Dism /Image:[install.wimの展開したフォルダ] /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:Microsoft.Xbox.TCUI_1.8.24001.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
# Microsoft:Microsoft.XboxApp
Dism /Image:[install.wimの展開したフォルダ] /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:Microsoft.XboxApp_31.32.16002.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
# Microsoft:Microsoft.XboxGameOverlay
Dism /Image:[install.wimの展開したフォルダ] /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:Microsoft.XboxGameOverlay_1.20.25002.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
# Microsoft:Microsoft.XboxIdentityProvider
Dism /Image:[install.wimの展開したフォルダ] /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:Microsoft.XboxIdentityProvider_2017.605.1240.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
# Microsoft:Microsoft.XboxSpeechToTextOverlay
Dism /Image:[install.wimの展開したフォルダ] /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:Microsoft.XboxSpeechToTextOverlay_1.17.29001.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
# Microsoft:Microsoft.ZuneMusic
Dism /Image:[install.wimの展開したフォルダ] /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:Microsoft.ZuneMusic_2019.17063.24021.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe
# Microsoft:Microsoft.ZuneVideo
Dism /Image:[install.wimの展開したフォルダ] /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:Microsoft.ZuneVideo_2019.17063.24021.0_neutral_~_8wekyb3d8bbwe


2016年 ゆく年くる年

2016年ももう終わっちゃいますね。
2年間、ブログを更新していなくてスイマセンm(_ _)m
最近は、ネタを Twitter でチクチクとツイートしている感じになっちゃっています。


今年は私事でも大変、多忙を極める一年でした。
時間があっという間でしたねぇ・・・もっとのんびりしたいところですが。


スマホ・ブラウザを除くMO/MMO系では「Tree of Savior」「SEVENTH DARK」「キングダムアンダーファイア オンライン」がありましたが
全体的にスマホへシフトする動きがあり、PC系のMMORPGはかなり縮小傾向にあるのが大変残念です。
「CLOSERS」も日本サービスが始まっていますが、SEGA運営から「HappyTuk」という運営へ移管されますし・・・


コンシューマ系では、やっぱり「FF15」が発売されたのは大きい話でしょうかね。
オンラインを除けば7年ぶりとなるので気にはしていたんですが、腐女子向けソフトだし未完成だしで結局、未購入。
映画はよかったんですけどねぇ。まぁ、中古とかでかなり安くなってからでもいいかなと思っています。
他のゲームとしては「ペルソナ5」は非常に出来が良かったですね。ストーリーも UI も素晴らしかった。


「ペルソナ5(P5)」(公式)
http://persona5.jp/


来年の作品といえば「NieR:Automata」はとても期待しています。
ただ、店舗特典とかショボイのしかないので、予約せずに様子見て買うほうがいいですね。


「NieR:Automata」(公式)
http://www.jp.square-enix.com/nierautomata/


来年はいい年になるといいな・・・
それでは皆さん、よいお年を(^^/

韓国版 超高速異能バトルアクションMORPG「Closers(クローザーズ)」 プレオープンベータテスト 参加レポート







韓国Naddic Games が開発し、Nexon Korea がパブリッシングする新作オンラインアクションRPG
「Closers(韓国語名:클로저스)」のプレオープンベータテストが 2014/12/11 〜 2014/12/14 で実施された。
プレオープンということで、12歳以上であれば誰でも参加することができるようになっていた。
次回のオープンベータテストは 2014/12/23 より開始され、正式サービスは 2014/12/30 に開始されます。


グラフィックなどの感じを見てもらうと分かる通り、3Dカートゥーンレンダリングを使用した
アニメ調な感じに仕上がっていて、日本でも少し話題になったゲームです。
開発元の公式サイトにも日本語解説がある為、日本への展開は考えているようですが
いつリリースされるかなどを含めて、何も情報が無い状態です。
まぁ、1〜2年後ぐらいですかね・・・


ちなみに、DJMAX Online の「SIN」「Chrono Breakers」の動画を作った人が開発に関わっています。




というわけで、相変わらず需要のないどうでもいいレビューですが、折角、プレオープンテストに
参加してきましたので、簡単に紹介できればと思います。
長文・乱文になると思いますが、生易しい目で見てやっていただけると助かります^^;
画像はクリックすると拡大します。


■マイキャラ報告


★見た目装備無しの初期状態




★見た目装備有りの状態





最新のを撮り忘れてしまったが、キャスターキャラで Lv31 までやってみました。
途中から レンジャーキャラ を Lv21 までやりました。
やりこんでいる人は Lv40 ぐらいだったようなので、ボチボチ中盤ぐらいのところまで遊んでみています。
このプレイ状況を元に、今回はレビューを書いております。


また、プレイ可能なキャラは後述します。


■プレイアブルキャラの紹介

名前:イ・セハ
職業:ストライカ



名前:イ・スルビ
職業:キャスター



名前:ソ・ユリ
職業:レンジャー



名前:ジェイ
職業:ファイター
※この職業はロックされていてプレイすることが出来なかった



名前:ミスチル・ティン
職業:ランサー
※この職業はロックされていてプレイすることが出来なかった


このゲームでは、異世界からきた生命体と戦える特殊能力を持った
異能力者「クローザー」と呼ぶ人をまとめた組織「ユニオン」の組織に
配属し、世界を救う風なお話のようです。
1グループ5人という設定のようで、公式の話によると
プレイアブルキャラは5人ずつ追加する予定だとか。


上記の通り、キャラ毎に職業が決まっていて変更することが出来ない。
また、デフォルトの容姿は決まっていて変更することが出来ない。
着せ替えは、プレオープン中では敵ドロップアイテムかクエスト報酬で貰えるアイテムだった。
基本プレイ無料の予定で、着せ替えは有料アイテムでの配信、日本ではガチャ系になるのではないか想定される。


キャラクタ作成画面の動画も取得したので、気になる方は見てみるといいだろう。




職業は各キャラクターにつき固定1種類であり、上位職種も存在しないと公式が発表しています。
上位職種とは別に「職位クラス(?)」が用意してあり、特定のミッションを終わらせることで
職位クラスが上昇し、追加スキルを獲得することが出来ます。
二等兵や少尉といった「階級制度」と思えばわかりやすいだろう。
なので、このクエストが発生したら最優先で終わらせる必要があります。





キャラクターを作成するとチュートリアルが始まるが、それは後で紹介します。
キャラクターを作成してログインすると「チャンネル選択画面」が表示されます。
他のMO/MMORPG系でもよくあるが、レベル毎にチャンネルが分かれており
適切なレベルでチャンネルを選択すると経験値ボーナスが加算される。


チュートリアルミッション
新規でキャラクターを作成すると自動的に「チュートリアルミッション」が開始されます。
簡単な操作説明はここで行われるのと、進めると初期装備が貰えるので1回はプレイしておこう。
こちらも動画を取得してあります。まぁ、ストーリーは何言っているのかサッパリですが・・・(笑
ちなみにメインクエストは全てフルボイスで用意されるようだ。





■街区画



アイテムやクエストを受けるための街区画となります。
簡単にやれることを記載します。





プレオープン時に公開されている街は 3か所 でした。
ただ、レベルを上げないといけないようになっています。





武器や防具などは分解して素材化することが出来ます。
上位武器・防具を生成するのに必要な素材となります。
また、分解するのにお金はかからないようだ。





武器・防具を強化することが出来ます。
「+4」 まで強化できるアイテムと 「+7」 まで強化できるアイテムがあります。
これらのアイテムはクエスト報酬やダンジョンクリア報酬などで貰えます。
「+4」以上から一定の確率で「強化の消滅」「汚染」「消滅」の3つが発生する。
「汚染」が発生すると、その装備アイテムは装着不能になる。生産で作れる「クリーナー」で直す。
「消滅」は文字通り、装備アイテムの破壊の事であり持っていた武器自体が無くなる。
ちなみに強化は簡単なんですが、お金が高すぎて破産します><





武器・防具にはランクが5つの「メインランク」と5つの「サブランク」が存在しており
メインランクは「白」->「緑」->「青」->「紫」->「オレンジ」の順でランクが上がっていきます。
さらにサブランクが「最下級」->「下級」->「中級」->「上級」->「最上級」に分かれます。
メインランクの高いランクほど武器に属性が多くついています。
この属性も「D」->「C」->「B」->「A」->「S」とグレードが上がります。
属性は変更をすることが出来ます。ただし、実行できる回数が決まっています。
全部の属性をランダム変更する場合、特殊なアイテムは必要ないですが
特定の属性を変更したい場合は、特殊なアイテムが必要になります。


■ダンジョン



ダンジョンは MO型 となっており、4人パーティーを上限として協力プレイが出来ます。
各ダンジョンはレベル制となっており、指定されたレベルに達していなければ入ることが出来ない。
また難易度設定があり、「Easy」「Normal」「Hard」「Very Hard」と難しくなっている。
このゲームも「疲労度」の設定があり、「1キャラ 170」で「1ダンジョン 10消費」と固定だった。
プレオープン中は 17回 ダンジョンに行くとその日は遊べなくなる。
疲労度のリセットは毎日04時となっている。


パーティプレイは「パーティ参加ボタン」を押せば、同じダンジョンに参加したい人がいれば
自動的にマッチングされてパーティに参加することができる。
私みたいなぼっちプレイヤーでも簡単にパーティに参加することが出来ます。
また、事前にパーティを組んでおけば、固定パーティでダンジョンに行くことができる。





ダンジョンは敵を殲滅したら次のゾーンへ進める形式となっている。
操作は「アクションRPG」となっており、常に動きながら敵と戦います。





特殊なアクションを行うと、この画面の通りカメラ位置が特殊なカットシーンが挿入されます。
カットシーンはまぁ良いんだけど、攻撃を受けないわけじゃないので
ウザいと思ったらオプション画面から表示しなくすることも可能だ。





ダンジョンをクリアすると「クリアタイム」「ダメージを受けた回数」「アクションポイント」の
3つで評価され、一番高い評価が「SSS」となっている。もちろん、ランクが高いほど経験値やアイテム報酬も多くります。
パーティプレイをしている場合は追加でボーナスポイントが入ります。





死んでしまった場合、特殊なアイテムを使用するとその場から復活できます。
プレオープン時は 10個 付与されていましたが、増やす手段はありませんでした。
もしかしたら、特定回数まで減ると時間で一定数は回復するのかもしれませんが
多分、これも有料アイテムなんだろう。
※初期配給された復活剤10個が3個未満になると、疲労度回復の際に自動的に3個まで復旧します


戦闘時の動画も取得していますので、気になる方は見てみるといいだろう。



ダンジョン-シングルプレイ動画



ダンジョン-マルチプレイ動画


■1人用特殊ミッション



ある程度、クエストを進めていくと1人用の特殊ミッションが常駐します。
「時間内に防衛する」「時間内に敵を殲滅する」といったミッション内容になっている。
この特殊ミッションは疲労度の消費無しで、1日3回まで行くことができる。
難易度が高めになっているので、レベルがある程度上がっていないとクリアできない。


どんな感じのミッションになっているか、こちらも動画を用意してあるので
興味のある方は見てみるといいだろう。





■緊急防衛ミッション



「緊急防衛ミッション」は発動1時間前にゲーム内で告知され、発動後は1時間のみ参加することができる
特殊イベントとなっています。パーティプレイ可能となっており、難易度が一番高く設定されています。
参加するには、その街ダンジョン全ての「Hard」モードを1度クリアしている必要があります。
ダンジョン内のボスはランダムで決定されています。また、このミッションでは疲労度を消費しません。


動画も撮っていますが、初見プレイしか取得していないので大分、へっぴり腰です(笑
ワラワラ感は分かると思うので、どんな感じかは動画をご覧ください。


緊急防衛ミッション-初見プレイ


PvP(MOBAスタイル)



PvPモードも実装しているが、アプローチとしては珍しい「マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(MOBA)」方式となっている。
ゲームで使用しているプレイアブルキャラ・敵キャラが使えるようにしてあり、同じ装備でLv1からスタートという
MOBAならではの PvP戦 が楽しめるようになっている。


PvP は 4 vs 4 のチーム戦となっています。
操作できるのは選択した自キャラのみで、部隊に指示を出したりは出来ないっぽい?
この辺りは SEGAアーケードゲームWonderland Wars」に近いのかもしれない。
まぁ、まだリリースされてないですけど。


Wonderland Wars
http://wonder.sega.jp/


従来の MO/MMO であった、レベル差・装備差によって優劣が強く出てしまう
PvP戦が非常に多かったが、こちらは MOBA にして別ゲームにしてしまうことで
その辺りの優劣差を無くしてしまおう、という感じなのだろう。
PvPで勝ち抜くと何か貰えるのかもしれないが、私がプレイした時は特に確認できなかった。
正式オープンすると何か変わるのかもしれない。


■付属モーションとか
各キャラクターには「お辞儀」やら「ダンス」やらの MO/MMO でも
よくある挨拶モーションが用意してあります。
レンジャーとキャスターの女性キャラしか撮ってないですが
どんなモーションかは以下の動画をご覧ください。








■総評
そんなに悪いゲームじゃないかな、とは思うのですが Naddic Games が「アクション専門会社」と言っている
割にはモーションの種類が敵もプレイキャラもそんなに多くないな、と感じる。
敵を固くする・スーパーアーマー(ダウンしない)にすればいいというものじゃない。
アクションだけで見たら Continent of the Ninth(C9) には遠く及ばない。
ただ、C9は高度すぎる故に操作が難しすぎるという点があるので、これぐらいが適切なのかもしれない。
敵のAIも一番難しいモードにしても、そんなに賢くなるわけじゃないので
この辺りも改善がいるんじゃないだろうか。


難しいダンジョンほど敵が固まってしまうのですが、敵が何のアクションをしているのが見えないので
何かに当たったのは分かるけど、何があったのかがよく分からなくなったりする。
見栄えも同じキャラがいっぱいいると、当然ながら自分の位置を見失うことも多かったりします。
画面をアップ目にして情報を絞るが、敵も味方も遠距離攻撃が画面の端から端までと
めっちゃ長いので、見えないところから当たることも。。。流石に長すぎじゃないか?(笑


動画でも分かる通り、アクション等は謳い文句の通り「高速アクション」が売りであり
打撃感やスピード感は感じることが出来ます。
ただ、敵も味方も障害物も範囲が広めになっているので、引っかかってイラっとすることも多いです。
当たりやすいけど受けやすいという。それ食らう範囲じゃないだろ〜?とか^^;


グラフィック的には、ちょい荒く感じるけど悪くはないんじゃないかな。
3Dカートゥーンレンダリングで、よりアニメ調になっているMORPG作品ってそんなに多くは無いし。
まぁ、この手の物は日本に来た時に「ガチャ」が一番心配なんですが・・・
欲しいものを指定して一定額の金額を払って使えるのなら、まだ我慢できるのですが・・・
※韓国内のMO/MMO系はガチャが違法なので、大体、一定額出せば欲しい装備が買えるようになっています




そんな感じで、いかがだったでしょうか。
とりあえずはこんなゲームなんだな、と感じてもらえたならと思います。
最後に適当にスクリーンショットをベタベタと並べておきますヾ(〃^∇^)ノ


■関連リンク
Closers 4Gamer.net(日本)
http://www.4gamer.net/games/276/G027694/
【G-STAR 2014】超高速異能バトルアクションMORPG『Closers』がコテコテのアニメ設定(インサイド)
http://www.inside-games.jp/article/2014/11/22/82805.html
Closers Inven 情報サイト(韓国)
http://closers.inven.co.kr/
Closers GameChosun 情報サイト(韓国)
http://closers.gamechosun.co.kr/
Closers Wikia.com(英語)
http://closers.wikia.com/wiki/Main_Page









海外音楽ゲーム&レアゲーム専門ゲームセンター「WGC -World Game Circus-」 2014/11/24 約4年6か月ぶりに 駒込で再開店 初日レポート

■前記事
海外音楽ゲーム&レアゲーム専門ゲームセンター「World Game Circus」 2010/05/05 に閉店。最終日の様子
http://d.hatena.ne.jp/myu10/20100512#1273625205


海外音楽ゲーム&レアゲーム専門ゲームセンター「WGC -World Game Circus-」が閉店してから早4年6ヵ月・・・
長い月日を経て 2014/11/24(月/祝) に駒込に再オープンすると突然、告知が行われました。再オープン突然すぎだろ(笑
というわけで、再オープンに行ってきましたのでレポートしたいと思います。
※店名が「World Game Circus」から「WGC -World Game Circus-」に変更されているそうです

※店内は撮影禁止となっています
※当ブログの写真は、お店より特別の許可を頂いて撮影しております







再オープンした場所は「駒込」になります。
看板とか出てないのでわかりにくいですが「JR駒込駅」から徒歩3分と立地は良いところにあります。


営業は年始を除く年中無休で、平日(月曜〜金曜)は 15:00 〜 24:00
土曜/日曜/祝日 は 10:00〜24:00 の営業時間となっている。
営業は店長の都合により、前後・変更、又は臨時休業なこともあるので
事前に公式ホームページでお知らせが出ていないか確認するといいだろう。


また、公式ホームページに「来店の際の諸注意事項」が掲載されています。
行く前に必ず一読しておこう。


お店の紹介・諸注意(公式HP)
http://wgc.me/about



住所: 東京都北区西ケ原1丁目53−16






踏みゲー筐体は3台設置されています。
置いているゲームは以下の通りです。


IN THE GROOVE 2 (ITG)
PUMP IT UP INFINITY
PUMP IT UP 2013 FIESTA2


過去に設置していたものよりかバージョンアップしていますね。
筐体横に物置棚も用意してあったので、こちらに荷物を置くといいでしょう。






beatmania III THE FINAL」ですね。
こちらは前からあるものと変わりがないものですかね。
フロッピーは使うことが可能です。






おおお・・・「EZ2AC : Endless Circulation」だ・・・
設置台数が1台ですが、こちらも最新版が導入されていますね。






テトリス ザ・グランドマスター3 -Terror Instinct- (TGM3)」ですね。
こちらも前回から設置されていたものですね。






既に幻となっている「Sabin Sound Star(3S) 」ではないですか(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ
韓国でもやってきましたけど、皿が独特すぎるんですよねぇ〜これ。
おっかしいなぁ〜・・・韓国ゲームですがメニューの一部日本語だぞ?(笑
こちらも専用カードが使えます。






弐寺勢なら一度は見ておきたい beatmania IIDX の小型版筐体「beatstage II」です。
前もありましたが、日本国内で遊べるところはここだけ、というとても希少品となっています。
バージョンは任意の時に変わるようで、現在は「6th style」が稼働中です。






店舗の奥に通路幅が狭くてちょっと窮屈ですが DJMAX TECHNIKA が3台稼働しています。
しかも、そのうちの1台は「DJMAX TECHNIKA 3」という日本未稼働筐体ですΣ(`Д´ )マジカ!?
ようやく・・・ようやく・・・ようやく日本でもプレイが出来る・・・T_T
私がニコニコ動画に掲載している韓国で撮ってきたのが2012年ですもんね・・・
まぁ、日本じゃ 3 はリリースされませんでしたからなぁ〜


テクニカ関係は全てカードが使えるようになっている。
未確認だが 3 のカードが 2 で使えたりするらしい?
しかも日本版と海外版は関係なく使えるらしいです。
各種カードを持っている人は忘れずに持参しよう。


またゲーム仕様も特殊な仕様になっていました。
旧作のテクニカ2も新作のテクニカ3も、違った感じで楽しめますね。


■テクニカ2
これまでの曲に 最上級難易度 の「Extra」などの譜面が隠し追加されています。
そしてコースも新コースで3つほど追加されています。また、解禁にはゲーム専用カードが必要です。
譜面的には「風にお願い Live Mix (英語名:Ask to Wind (Live Mix))」とか熱い感じでした。
一体、どれだけの譜面が隠されているのか・新曲が追加されているのか
Twitterでも興奮している人が多数いましたが、現場でも相当盛り上がっていました。
玄人な調査団が検証・調査を進めてくれるを期待しています(笑


■テクニカ3
オンライン状態であれば曲は全解禁しています。
初日では夕方ぐらいから回線不調によりオフラインになってしまった。
不安定になることがボチボチあるようなので、オンラインならラッキーと思う方が良いかも?






それぞれの筐体のところに順番待ちをするための「ウェイティングシート」が用意してあります。
プレイする方はこちらに記入して、プレイする直前にチェックして遊びましょう。






WGCでは恒例ですが、謎な飾りがボチボチとあります。
照明の映り込み防止用の幕だったりします。
有志の持ち込みだそうで、面白そうなものがあれば飾ってくれるかもしれませんよ(笑


■その他な情報
大体の筐体にはイヤホンが差せるように加工されています。
自前のイヤホンを持っていくと良いと思います。
ゲームはテトリス(50円)を除いて、すべて「1プレイ100円」となっています。
カードが一部の筐体で対応していますが、筐体専用カードも少数枚だが取り扱いがあるようだ。
取り扱いカードは「Sabin Sound Star(3S) 」と「DJMAX TECHNIKA」のカードが買える。
ちなみに1枚500円とのこと。欲しい方は店員に聞いてみるといいだろう。
あ、店内は禁煙で外のすぐ隣に喫煙スペースが設けてありました。


「In The Groove 2」と「Pump It Up Infinity」については
インターネットでスコアランキングを見ることができるようになっています。
「In The Groove 2」は自動でスコアが反映されるようです。
「Pump It Up Infinity」については、自分のスコアが登録されたUSBを
手動でアップロードすることにより、スコアを登録する方法となっています。
遊んでいるユーザはチェックしてみるといいだろう


WGC店内ランキング
http://wgc.me/event


■オープン初日の状況
ゲリラオープンだった為、朝は思った以上には混んでいなかった。
午前中は、踏みゲーは FIESTA2 が4〜5人待ちと非常に好評だった。
EZ2AC / beatstage2 / TECHNIKA系 は概ね1〜2人待ちと
プレイするにはそんなに掛からなかった。


しかし、夕方くらいになると混雑しだし、元々、店の奥にある
指ゲー関係の狭いフロアが通行困難になるぐらい盛況だった。
自分のいる場所が無くて、外に休憩しようかなと思うほどだった。
多分、MAX人数は40人ほどいたのではないでしょうか。


開店情報が広がっていけば、混む・空いてる時期も出てくると思うので
Twitterなどで情報を見ながら行くのがよさそうな気もします(笑


■近隣のお店とか
踏みゲー勢には多分、重要であろうサウナ&スパ施設「駒込ROSCO」が駒込駅前にあります。
こちらは、90分1,200円とちょいお高い感じですが綺麗で、その他施設も色々とある感じです。
銭湯も近くに「亀の湯」というお店があります。
こちらは460円とリーズナブルなお値段になっています。
食べ物的には2件隣りに「焼き鳥・惣菜屋 鶏肉の万富」がとても美味しいので
ちょっとつまむのに良いと思いますよ^O^


駒込ROSCO
http://www.rosco.co.jp/
地元住人たちの憩いの湯「亀の湯」(駒込散歩さん)
http://komagomewalk.com/living/86
鶏肉の万富
http://www.shimofuri-ginza.com/mantomi/




そんな感じで、ついに再オープンを果たした「WGC -World Game Circus-」
オープンは期間限定としており、いつまでオープンしているか分かりませんが
ゲーセンも小さい店がバンバン潰れている中、日本国内ではなかなか遊べない
希少価値のあるゲームが楽しめるので、遊べるうちに行っておくのがいいですよ。
期間限定と言わずに是非、頑張って欲しいですね。


■参考リンク
そんなわけで早速「World Game Circus」に行ってみた(2014/11/25付け日記に記載 / ぷろとらどっとこむ さん)
http://purotora.com/
WGCを100倍楽しむためのメモ書き(KAZZ undergroundさん)
http://kazzx2.web.fc2.com/wgc.html


■次記事
海外音楽ゲーム&レアゲーム専門ゲームセンター「WGC -World Game Circus-」 2018/08/31 駒込店 営業終了
http://d.hatena.ne.jp/myu10/20180901#1535780581

Android向け 韓国MO型横スクロールアクションRPG「ソウルハーツ」 をプレイしてみました




韓国NeoWiz Gamesが開発している Android向け 横スクロールアクションRPG
「Soul Hearts(韓国語名:소울하츠)」が 2014/07/25 に正式リリースされました。


소울하츠 for Kakao(Google Play)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nwz.soulhearts


本作は 2014/03/11 にクローズドベータテストを実施した際に
日本の株式会社マーベラスが制作したWii/PSVitaのゲーム「朧村正」(発売日:2009/04/09)と
使用された画像等がよく似ていたことから盗作疑惑で話題になった作品だ。


パクリ疑惑の高い『朧村正』激似の韓国アクション「Soul Hearts」、検証画像が公開!やっぱりパクってるわ、これ(えび通さん)
http://ebitsu.net/archives/4900647.html
美少女キャラクターが暴れる,Android向け横スクロール型ARPG「Soul Hearts」のプレイムービーを掲載(4Gamer.net)
http://www.4gamer.net/games/999/G999904/20140402060/


当時の検証動画とか色々とあるので、気になる方は見てみるといいでしょう。
本件に関しては、韓国NeoWiz Gamesは特にコメントを発表していない。
しかし、2014/06/30 に 2014年第3四半期 にリリース予定と告知していたため
いつかはリリースしそうな感じではありましたけど(笑


あれだけ叩かれれば当然、問題点は修正されているとは思ったけど
まさか無修正じゃないよね?ってことで、遊んでみることにしました。
そもそもリリースせずに封印しちゃうんじゃないかと思ってたけど。
ここではゲームのレビューをします。盗作云々については取り扱いません。



現在、用意されている職業は左から「剣士」「弓士」「拳士」の3つです。
種族等の変更はできません。見た目はアニメ絵のグラフィックになります。
「弓士」だけは、他のジョブでLv20まで成長しないと選択できません。
「剣士」「拳士」のどちらかを選択してゲームを始めます。
1つの職業を選んだら、しばらく変更することができません。
(「剣士」スタートだったので「拳士」に対して、ソウル(ゲーム内通貨)を3万払えば解放されます)




こちらが町画面になります。
ここから装備を変更したり、ダンジョンを選択したりします。



ダンジョンの入り口になります。
通常マップとイベントマップなどが選択できます。



ダンジョン選択画面です。
レベルによって入れるダンジョンが制限されています。
ダンジョンにも「ノーマル」「アドバンス」「エキスパート」の難易度が設定されています。
下位難易度をクリアしないと上位難易度を選べません。
一応、エキスパートになると敵の動きが微妙に変わったりします。



私も朧村正みたいなゲームなのかな?と思ったけど、全然違いました。
ダンジョンではマップの移動はありません。
上部にある時間内にー敵を殲滅すると、タイマーがリセットされて敵がまた出てきます。
これを3セット〜4セットこなしてクリアとなります。
ダンジョンクエストによってはボスが登場します。



衣装については、ダンジョンでピースを集める形式のようで
低確率でドロップするピースを集めて衣装を完成するか
有料コインを使って解除することができます。
有料系は武器・防具・アクセサリーなどがガチャ課金で用意されています。
システム関係については動画を撮っていますので気になる方は見てみるといいだろう。








マルチもできるようになっています。
左から「自分で部屋を立てる」「招待部屋を作る」「ランダムに入室する」だと思います。



こちらがダンジョン突入前のミーティングルームとなっています。
ここではチャットも対応しています。ダンジョン中はチャットできません。
最大PT人数は自分を含めて3人までのようです。




結構、派手にアクションするので処理が重いです。
一応、グラフィックを「高」「中」「低」の3段階選べます。
戦闘動画についても動画を撮りました。
シングルプレイとチームプレイ2つあるので見てみるといいだろう。
低レベルだったりプレイに慣れてなくてプレイが下手っぴですが(笑








Lv15ぐらいまでプレイした感想ですが、まぁ朧村正と思ってプレイすると失望しますね(笑
ボスは全てスーパーアーマーっぽいんで、設定が微妙だなぁ〜なんて思ったり。
まぁ、スマホゲーって考えればお手軽に出来るのでこんなものなのかなと。


無料ゲーですが、疲労度の設定があり「上限70+α」となっており
どのダンジョンを入室しても1ダンジョン疲労度10を消費します。
回復は15分に疲労度10の回復です。
+αの部分は、フレンド登録であったり、デイリーハート30追加アイテムであったりで
チクチク増えたりします。こちらも課金アイテムで回復させることも可能です。


武器・防具の販売は無く、生産またはダンジョンクリアアイテムのみとなっています。
無課金だと装備を整えるのが結構、大変だなぁ〜なんて感じています。
各ダンジョンボスは1人での討伐は難しくなっているため、チームプレイが必要になります。
ただ、チームプレイでのランダムマッチングがあんまりヒットしないので、遊んでいるユーザが少ない気もします。
アクション的にも、通常モーション・やられモーション等が敵・味方共に少ないのでゲームとしては微妙ですね。